離婚に向けて別居をお考えの方へ

別居をお考えになった方が良い方へ

次のようなケースでは、別居をお考えになることをお勧めします。

・相手から暴力やモラハラなどの肉体的・精神的な被害を受けている

・離婚成立まで同居を続けることが、子どもに悪影響を及ぼす場合がある方

・相手との離婚の話し合いがなかなかつかない方

別居に向けて行うべき準備について

別居と言っても、ただ単に生活拠点を変えるというだけではありません。

次のような意味合いがあることを十分に理解しましょう。

①別居中の生活費の確保

夫婦が婚姻生活を送るために必要な生活費のことを「婚姻費用」と言います。

夫婦には婚姻費用を分担する法律上の義務があり、収入の多い方が少ない方の配偶者に婚姻費用を支払わなければなりません。

この婚姻費用は、基本的には、別居から離婚成立までの期間となります。

経済面が心配で別居や離婚をお悩みになっているのであれば、ぜひ婚姻費用の請求を検討しましょう。

 

②財産分与に必要な財産資料の整理

離婚する際、夫婦の共有財産の財産分与が行われます。

財産分与は、平たく言ってしまえば、婚姻時から別居時(又は離婚時)までに増えた夫婦の財産を分けることです。夫の名義なのか妻の名義なのかは問いません。

財産分与に関して、どの時点の財産を基準に考えていくかと言うと、別居時が基準とされます。

ですから、別居後に相手が財産を使ってしまったなどといった事情は、財産分与に基本的に影響しません。

また、これから別居を開始する方は、別居後に財産資料を開示するよう要求しても拒否してくることがありますから、相手の財産がどのようなところにあるのか、同居中に、確認しておくと良いでしょう。

例を挙げるとキリがないですが、主な財産分与の対象となる財産は、次のとおりです。

・預貯金

(どこの銀行か、どの支店か、口座番号や残高も確認すると良いです)

・株式

(どの証券会社に、どこの株をどれだけ持っているかも確認すると良いです)

・生命保険の解約返戻金

(どの保険会社に、どの保険をかけているか、証券番号も確認すると良いです)

・退職金の見積り

・社内預金、社内積立

・ローンや借金の有無及び金額

 

③荷物(特に小さなお子さんの荷物)の準備

別居後には夫婦間のやり取りがスムーズでなくなることがほとんどです。

特に小さなお子さんを連れて別居する場合は、お子さんに必要となる洋服や着替え、おもちゃなども、何を持っていくかご準備すると良いでしょう。

弁護士へのご相談

別居前であっても、離婚や別居について弁護士に相談することをお勧めします。

別居後でないと離婚の法律相談に応じないという弁護士が多くいます。これは、離婚問題が現実的になっていないケースがあるからだと思われます。

しかし、別居は離婚に向けた大きな一歩です。必要な情報等を得ていないで別居すると、必要な資料が整っておらず、離婚の話し合いが難航してしまうリスクがあります。

ご自身でいろいろとお調べになることも重要ですが、専門家である弁護士に相談してしまえば、手っ取り早いですし、時間や精神的ご負担の軽減になります。

必要な情報を集め、別居後の離婚協議を円滑に進めるためにも、早期に離婚に関して弁護士に相談することを強くお勧めします。

是非お気軽に弁護士へご相談ください。ご連絡をお待ちしております。

離婚問題を弁護士に相談するメリット養育費シミュレーション養育費シミュレーション
0286785243 0286785243 メールでのご予約 LINEでのご予約